40代になると、何の前触れもなく、気付いたときには老眼になっていますよね。最初に気付いたときは、誰でもショックかと…。

私も、小さな文字が読めないことに気付いたときは、かなりショックでした。それでも、普通のコンタクトレンズを使い続けていたのですが、色んな理由から、遠近両用メガネを購入することにしました。

ちなみに、「遠近両用メガネは疲れる」という話は聞いたことがあったのですが、さほど気にはしていませんでした。

しかし、購入して「失敗した」と思っています。

それは「疲れる」という理由ではありません。いずれにしましても、私が遠近両用メガネを使った感想などを紹介させて頂いているのですが、まずは、私がコンタクトレンズからメガネに替えなければならなかった理由から説明させて頂きますね。

Sponsored Link

遠近両用メガネの購入を考えた理由


私は、20年ぐらいハードコンタクトレンズを使い続けてきました。ただ、多くのコンタクトレンズ愛用者が感じているように、私も目がゴロゴロして痛くなったり、ドライアイになったりすることがよくあったので、「メガネに替えようかな…」とは、よく考えてはいました。

あと、私は目が細いせいか、コンタクトレンズを外すのが物凄く下手なのです。20年以上も使っているのに、上手く外せないのです。スグに外せるときもあるのですが、片方を外すのに数分かかることが少なくありません。

そのため、コンタクトレンズを外すのがイヤで、24時間付けっぱなしで生活してきました。ただ、付けっぱなしにしていると、スグにコンタクトレンズが汚れて、目がゴロゴロして、痛みに我慢できなくなってきます。

目の痛みが我慢できなくなると、「面倒臭いなぁ~」とは思うのですが、さすがにコンタクトレンズを外して洗います。

でも、大抵は我慢して痛みをやり過ごすので、コンタクトレンズを外して洗うのは、1年に2~3回です。だから、ほぼ年中コンタクトレンズを付けっぱなしという感じです。滅多にコンタクトレンズを洗わないのですから、汚れもかなりヒドいと思います。だから、雨の日に車を運転していると、対向車ライトや電灯の光がにじんで見えるので、とても運転しづらいです。


という訳で、コンタクトレンズを付けっぱなしにしていたせいか、左目だけ鈍痛を感じるようになってきました。私の感じる鈍痛というのは、親指で眼球を押されているような感じです。

さすがに、そこまでいくと、コンタクトレンズを付けっぱなしにしているのはよくないと思うようになり、メガネの購入を真剣に考え始めました。ただ、40歳を過ぎた頃から老眼になってきましたので、購入するのであれば「遠近両用メガネ」がいいと思っていました。

それで、ある日、遠近両用メガネを購入しました。昔の遠近両用メガネは、レンズに境目がハッキリとありましたけど、最近の遠近両用メガネは、全く境目がないのも、見た目が普通のメガネに見えるのでいいですよね。

■ 私が購入した遠近両用メガネ

購入したメガネを付けてみると、遠くもハッキリ見えましたし、免許証の小さな文字もハッキリ見えました。

私はそれを実感して、「どうして、もっと早く遠近両用メガネにしなかったんだろう」と、本当に後悔しました。後悔したというより、遠近両用メガネの凄さに感動したという感じでしたけど…。

そして、メガネに替えてからは、目の鈍痛もなくなりましたので、私はかなり大満足でした。

しかし、しばらくすると、メガネを外してコンタクトレンズに戻すようになりました。その理由は、次の項目でお話しさせて頂きます。

Sponsored Link

遠近両用メガネは使えない?


私は、仕事で1日中パソコンのモニターを見ています。私が購入した遠近両用メガネは、パソコンから発しているブルーライトをカットしてくれるタイプでしたので、コンタクトレンズをしているときより、目の疲れがマシになるのかなと思っていました。

でも、目の疲れがマシになったという感じはありませんでした。

それより、もっと大きな問題が出てきました。それは、長時間パソコンを見ていると、パソコンの画面がまぶしく感じてきて、文字がハッキリ見えなくなるのです。

遠近両用メガネは、下記の画像のように、1枚のレンズの中に、度数の違うレンズが組み込まれています。そのため、距離に合った部分で見るようにしないと、逆に見えづらくなります。


そのため、パソコンのモニターを見るときは、レンズの真ん中辺りで見るようにはしていたのですが、仕事に熱中してパソコンのモニターを見ていると、距離が合っていない部分で見てしまったりしていたのだと思います。

ただ、パソコンのモニターが見にくくなると、しばらくパソコンのモニターを見ないようにしなければ、どれだけ目をこらして見ても、本当に文字が見えないのです。

最初は、慣れてないせいだと思い、なるべくレンズの真ん中の部分で見るようにしていたのですが、それでも全く改善しないので仕事になりませんでした。

あと、レンズの両脇は目に合った度数になっている訳ではないので、顔を動かさずに目だけを横にズラすと、ぼやけてしまいます。だから、遠近両用メガネは、かなり慣れななければ、使いづらいというよりは使い物にならないように思います。

ネットでも少し調べてみたのですが、下記のような意見が多く見受けられました。

■ 遠近両用メガネを使った感想
・使いづらい
・慣れにくい
・見づらい

特に、私のように、朝から夕方までパソコンのモニターを見ている人は、慣れる前に、使えなくなってしまう人が多いのではないでしょうか。

という訳で、結局、私は遠近両用メガネの使用をやめました。遠近両用メガネでは、仕事にならないので仕方ないです。妻には「2万円もしたのに、勿体ない!」とブツブツ言われましたけど…。

ただ、これだけ多くの遠近両用メガネが売られているのですから、上手く使いこなしている人も多いかとは思います。でも、私のように、1日中パソコンを見なければならない人で老眼の人には、遠近両用メガネをおすすめできないような気がします。

ちなみに、私がメガネを購入した店の人は、普通のメガネと、老眼用のメガネを使い分けていると言っていました。だから、やはり慣れることが出来ない人は結構いるように思います。

私も、今では、普段はコンタクトレンズを使用して、新聞などを読むときは、100円ショップで買った老眼鏡を使っています。その方が遠近両用メガネで見るより見やすいですから…。

でも、遠近両用メガネを上手く使いこなしている人にとっては、物凄く有りがたいモノだと思いますョ。

だから、メガネ屋さんは、お試し期間みたいなサービスをしてくれたらと思ったりもするのすが、その人の視力に合わせたレンズを作っても、購入してもらえなければ経費がかさみますから、そういうことは出来ないでしょうね。

最後に

近視で老眼になってしまった人なら、一度は遠近両用メガネの購入を考えるのではないでしょうか。でも、私のように使いこなすことが出来ず、せっかく買った遠近両用メガネを使わないままにしてしまう人は少なくないようです。

だから、購入する場合は、お店の人とよく相談して、どのような見え方になるのかなど理解してから購入するのが良いのではないかと思います。お店の人は、売りたいがために、あまりマイナス点は言わずに、使い続けていれば、そのうち慣れてきますョと言うかも知れないですけど…。

そのようなときは、私のような事例を出して見るのがいいかも知れないですね。

Sponsored Link