どうもどうも!ユウポンです。

私がウォーキングを始めたのは、実はダイエット目的ではなかったんです。本当は、運動不足解消のために始めました。だから、痩せようなどとは思っていなかったので、最初の頃は、散歩がてらに歩いていただけでした。

でも、ウォーキングを始めて1ヶ月ほど経った頃、どうせやるなら、何か目的を持った方がいいだろうと思い、ウォーキングだけで5キロ痩せることを目標にしました。それで、ほぼ毎日のように歩いていた訳ですけど、79kgだった体重が74kgになりました。

要するに、目標の5キロ減を達成したという訳です。そこで、今回は下記の3項目について、ご紹介させて頂きたいと思います。

・どれぐらいの期間でダイエット効果が現れたのか?
・1日どれぐらい歩いていたのか?
・たった1つだけ意識して歩いた事とは?

特に難しいことは何もありません。ダイエットの難しい理屈など分かっていない私でも出来たのですから、私と同じようにすれば、おそらく誰でもカンタンに成功するのではないかと思います。

いずれにしましても、意外なほどあっさりダイエットできましたので、どうぞ参考になさって下さい。

Sponsored Link

ウォーキングをして何日目で効果が出たの?

どんなダイエットでも、効果が出るまでに時間が掛かるようであれば、最初からヤル気を無くしてしまいますよね。ただ、どれぐらいの期間であればヤル気になるのかは、人によって違うと思いますけど…。

人によっては、1週間で結果を出したいという人もいるでしょうし、急激なダイエットは体に悪いということで、3~6ヶ月で目標体重にしたいという人もいるかと思います。

私の場合、ウォーキングを始めてから2ヶ月経ったのですが、毎日体重計で計っていた訳じゃないので、何日目で何kg痩せたという詳細なデータはありません。

でも、時々チェックしていましたので、その結果をお伝えしますね。

■ ダイエットに要した期間

  • 1ヶ月経過:約2kg減
  • 2ヶ月経過:約5kg減

 
2kgぐらいは、1日の食事の量で増減しますから、大したことがないように思われるかも知れないですね。でも、全く食事制限をせずに、ただ歩くだけで1ヶ月目は2kg減りました。

そして、そのままウォーキングを継続していると、2ヶ月経ったときには、トータルで5kgの減量に成功していました。このまま続けていけば、3ヶ月経過したときが楽しみです(^^

ちなみに、最初の1ヶ月はダイエット目的じゃなかったので、普通に歩いていただけでした。その1ヶ月は、体重の変化は、ほとんどありませんでした。なお、上記の「1ヶ月経過」というのは、ダイエット目的でウォーキングを始めた時点からの話です。

いずれにしましても、ダイエット効果が出るようになったのは、それまでとは少しだけ違うことをしたからです。別に難しいことをした訳じゃないんですけどね。

次の章では、その辺りのことをご紹介させて頂きますね。

Sponsored Link

ダイエットに適した超カンタンな歩き方って?

上記の章でも触れましたけど、私がウォーキングを始めたときは、ダイエット目的ではありませんでした。だから、歩き方なども気にせず、普通に歩いていただけでした。

それで、1ヶ月ほど続けていたのですが、ダイエット効果はありませんでした。

ということは、ウォーキングだけでダイエットするためには、痩せるための歩き方を知らなければいけないと思い、色々と調べてみました。すると、下記のような歩き方が推奨されていました。

■ ダイエット目的のウォーキング方法

  • 背筋を伸ばして歩く
  • ヒザを伸ばして腰を前に出すように歩く
  • 腕を90度に曲げて大きく振って歩く
  • 歩幅は出来るだけ大きくして歩く
  • 出来るだけ早く歩く
  • 20分以上歩く

 
20分以上歩かなければいけないのは、運動して20分以上になると、脂肪の燃焼率が高まるからだそうです。だからといって、20分未満では、全く脂肪が燃焼しない訳じゃないようですけど…。

ただ、上記のようなことをひとつずつ気にしながら歩くのって、それを考えただけで面倒ですよね。でも、腕を90度に曲げると、自然に歩幅が大きくなるなど、色々な情報を見ましたので、最初は上記のウォーキング法を意識して歩いていました。

でも、そういうことを意識しながら歩くのって、やっぱり面倒でイヤになってくるんです。それに、腕を90度に曲げて、大きく前後に振りながら歩いても、自然に歩幅が広くなることは無かったですし…。

でも、歩幅を大きくして歩けば、運動量がアップするのは確かなので、私は歩幅を広くすることだけを意識することにしました。実際に、歩幅を広くして歩くだけで、腰の回転が大きくなりますし、歩くスピードも必然的に速くなります。

 
だから、上記の6項目は、全てを意識しなくても、歩幅を広くすることだけ考えていれば、ダイエット効果があるように思えたので、とにかく歩幅だけを意識して歩きました。

でも、それだけでは足りないような気がしたので、負荷をかけながら歩くことにしました。どのようにして負荷をかけたのかは、次の章で説明しますね。

ウォーキングで簡単に負荷を掛ける方法

ウォーキングで負荷をかける方法を調べると、ダンベルを持って歩くのがいいと紹介されていました。でも、両手にダンベルを持って歩くのは、チョット恥ずかしいですよね。だから、私は別の方法を取り入れました。

それは、砂を入れたペットボトルをリュックに入れて、歩くという方法です。

私が使ったペットボトルは、2リットル入りジュースのペットボトルです。そのペットボトルに砂をパンパンに入れると、約3.6kgの重さになります。

私は、しばらくは、砂を入れたペットボトルを1本だけリュックに入れて歩いていました。それだけでも、普通に歩く場合に比べると、確かに負荷は掛かっている感じはありました。

でも、もう少し重たくした方がいいかなと思い、砂を入れたペットボトルを2本にしました。

リュックに2本のペットボトルを入れて歩くと、さすがに肩に重みを感じて、ちょっと重たすぎるかな…という感じでした。だから、女性はペットボトル1本がいいでしょうね。

ちなみに、ときどき歩道橋の階段を上がったりして、負荷を掛けるのもお勧めですョ(^^

いずれにしましても、歩く以外のことでやったことは、砂入りペットボトルを入れたリュックを背負っただけでです。でも、それをするだけで、ダイエットに成功したのですから、これは簡単でいいなと思っています。だから、お金を掛けずにダイエットしたい人には、お勧めしたいですね。

それでは、私がウォーキングでダイエットに成功した方法を、次の章で簡単にまとめてみますね。

ウォーキングで簡単にダイエットするコツとは?

私の経験からすると、普通に歩いているだけでは、ほとんどダイエット効果はないように思います。でも、少し工夫をするだけで、意外なほど簡単にダイエットが出来るのも実感できましたので、私の方法をまとめてみますね。

■ 私流のウォーキング・ダイエット法

  1. 歩幅を広くして歩くことを意識する
  2. リュックに重いモノを入れて歩く

 
基本的に、意識することは上記の通り、たった2つだけです。だから、簡単ですよね(^^

ちなみに、私は毎日1時間ぐらい歩いています。「1時間も?」という声が聞こえてきそうですけど、1時間なんて、すぐに経ちますョ。ただ、時間ばかり気にしていると、歩くのがイヤになってくると思います。

だから、私は考え事をしながら、いつも歩いているんです。

例えば、夜になって寝床に入ったとき、何か考え事をすると、そのことで頭がいっぱいになって、なかなか寝付けないことってありますよね。それと同じことを歩きながらするんです。

考え事をしていると、歩いているという感覚がなくなってきますので、歩く苦痛を感じなくなるんです。

ただ、あまりにも考え事に集中していると、歩幅を広くすることを忘れて歩いてしまうときがありますけど…(^^;

でも、歩幅を広くするのを忘れていても、思い出したときに修正していれば、そのうち意識しなくても、ウォーキングしているときは、自然に歩幅が広くなるようになりますョ。癖みたいなモノですね。

最後に

私は、リュックにペットボトルを入れて、毎日1時間歩くだけで、2ヶ月後には約5キロのダイエットに成功しました。ちなみに、上記の章で説明した通り、難しい歩き方なんてしてませんョ(^^

だから、「歩幅を広くして歩くことを意識する」「リュックに重いモノを入れて歩く」この2点だけを守っていれば、食事制限など一切せずに、ダイエットに成功すると思います。

体重の減り方には、個人差があるとは思いますけど、色んなダイエットに挑戦して、そのたびに失敗して…ということを繰り返してきた人は、一度、私がやった通りのことを試して頂ければ…と思います。

Sponsored Link