愛犬が可愛い過ぎて、飼い主が食べてるものを欲しがれば、ついあげたくなるかと…。

人間も犬も、動物であることには違いないのですが、その特性は全く違っています。当たり前の話ですけど、人間と犬は全く種類が違う生き物なのです。

そのため、人間が食べて大丈夫な食べ物であっても、犬には毒になる食べ物が少なくないのです。

これは、飼い主として絶対に知っておかないといけないことです。愛犬のために、食べさせてはいけないモノを知っておく事は、本当に大切なことです。

それでは、何を食べてはいけないのか、順番に見ていきましょう。

Sponsored Link

犬が食べてはいけない食べ物

犬に食べさせてはいけないモノを大きく分けると、下記の2つになります。

  • 犬が中毒を引き起こしてしまうモノ
  • 犬が消化できないもの

人間にとっては美味しいと思うもので、犬にとっては毒となるモノは色々ありますけど、一番有名なのはチョコレートではないでしょうか。

チョコレートがダメというよりは、カカオ(チョコレートの原料)に含まれている「テオブロミン」という成分が、犬には毒素となってしまうのです。テオブロミンは、犬が体内に摂り込んでしまうと、中枢神経を刺激する毒素となります。

ちなみに、苦いチョコレートには、カカオの成分がより多く含まれていますので、犬にとっては危険度が高くなります。

他にも、犬が食べると中毒を引き起こしてしまうモノがいくつもありますので、下記を参考にして下さい。

■ 犬が食べると中毒を起こすモノ

  • ネギ・玉ねぎ・ニラ・ニンニク・らっきょう
  • チョコレート・ココア
  • キシリトール(ガム・飴・タブレットなど)
  • α-リポ酸(人間用サプリメント)
  • ユリ科の植物(ユリ・チューリップ・すずらん・アロエなど)
  • タバコ
  • ヒキガエルの毒素部分
  • ブドウ・レーズン
  • マカダミアナッツ
  • アルコール類(ビール・ワイン・焼酎など)
  • コーヒー・お茶・紅茶・コーラ
  • 乾燥剤・脱酸素剤
  • 人間の医薬品・サプリメント
  • 不凍液
  • 保冷剤
  • 殺鼠剤
  • 殺虫剤・防虫剤・ホウ酸団子・ナメクジ駆除剤
  • 除草剤
  • 洗剤・漂白剤
  • 肥料
  • 観葉植物・花・庭木
  • 果物の種(あんず・桃・サクランボ・リンゴなど)

犬が食べて中毒を起こす原因で多いのは、ネギ類(ネギ・玉ねぎ・ニラ・ニンニクなど)と言われています。犬がネギ類を食べてしまうと、赤血球が壊されてしまいます。

なお、ネギ類は、加熱処理しても、犬に対する毒性は消えません。

ちなみに、ネギ類は様々な料理に入っています。コンソメなどの加工食品にも入っていますので注意が必要です。

という訳で、犬に食べさせると中毒を起こすモノは分かって頂けたかと思います。それでは、次は、それ以外で、犬に食べさせてはいけないモノをご紹介します。

Sponsored Link

犬に食べさせてはいけないモノ

上記では、犬が食べると中毒になるモノを紹介しましたが、次は、少量であっても食べさせない方が良いモノや、大量に与えたり、継続して与えない方が良いモノをご紹介します。

■ 犬に与えない方が良いモノ

  • 生肉(特に豚肉):寄生虫に感染する可能性がある
  • 鶏や魚の骨:口の中や胃腸を傷付ける可能性がある
  • ラーメン:塩分の過剰摂取になりやすい
  • 干物:塩分の過剰摂取になりやすい
  • 加工食品1(ハム・ソーセージ):塩分の過剰摂取になりやすい
  • 香辛料:下痢や感覚麻痺になる可能性がある
■ 継続して与えない方がよいモノ

  • エビ・イカ・カニ:消化不良・ビタミンB1欠乏症
  • タコ・生クラゲ:消化不良・ビタミンB1欠乏症
  • 貝類:消化不良・ビタミンB1欠乏症
  • 卵白(生):ビタミンB1欠乏症
  • スルメ:消化不良
  • タケノコ・キノコ・コンニャク:消化不良
  • トウモロコシ・ナッツ類:消化不良
  • 人間用の牛乳・乳製品:下痢になる可能性あり
  • ミネラルウォーター:結石になる可能性あり
  • 煮干し:結石になる可能性あり

ミネラルウォーターや煮干しには、マグネシウムが多く含まれていますので、食べ続けると結石が出来る可能性があります。牛乳などは、飲ませても良いように思ってしまいますけど、人間用の牛乳や乳製品は、犬の体質によっては、下痢を引き起こす場合があります。

なお、飼い主が与えなくても、飼い主が目を離した隙に、犬が食べてはいけないモノを食べてしまう場合があります。

そのような場合、犬の口に指を入れて吐かせようとする人がいるのですが、噛まれてしまったり、犬の口の中を傷付ける可能性があるので、それはしないで下さい。

あと、塩やオキシドールを飲ませれば、犬は食べたモノを吐きすということで、それをやろうとする人もいるのですが、それをすると容態を悪化させる可能性がありますので、それもやめて下さい。

いずれにしましても、犬が食べてはいけないモノを食べてしまった場合、飼い主さんが応急処置をするよりも、スグに動物病院へ連れて行くことを考えて下さい。

その際、「何をどれぐらい食べたのか」「いつ食べたのか」ということを確認しておき、それを獣医師に伝えると判断がしやすくなります。

食品の場合、包装されているモノも一緒に食べている可能性があります。そのため、残っている包装紙や、同じ食品も動物病院に持って行くようにして下さい。

という訳で、人間には何ともないモノでも、犬にとっては、中毒などになる可能性があるモノは意外に多くあります。そのため、飼い主さんは注意が必要ですし、何がいけないのか覚えておくことが大切です。

Sponsored Link