自分の子供の身長を伸ばしてあげたいけど、何をすればいいのやら…と思いながら、ネットで検索すると、やたらと「アルギニン」という言葉が出てきますよね。これだけ騒がれているアルギニンですから、身長アップ効果を多少なりとも期待して良いかと…。

でも、そのアルギニンをどうやって摂取すればいいのか…。

サプリもいいですけど、まずは普段の食生活が一番大切ですから、身長アップを踏まえたメニューにしたいですよね。

そこで、アルギニンを含んでいる食材の中でも、特におすすめの食材をご紹介します。

ただ、アルギニンを摂取するにあたって、注意すべき点もあります。その注意点を踏まえておかなければいけないので、まずは、その注意点からからご紹介しますね。

アルギニン摂取の注意点

Sponsored Link

普通の食事をしていれば、アルギニンを過剰摂取してしまうことはありませんので、副作用などの心配はいりません。

ただ、サプリなどで、アルギニンを過剰摂取すると、食道や胃に負担が掛かり荒れてしまうことがあります。その結果、下痢や腹痛を引き起こすことも…。

という訳で、アルギニンを1日5g以上摂取すると、副作用として下痢などになる可能性があるということです。

下痢程度なら、まだマシなのですが、肝臓や腎臓が弱っている人の場合、アルギニンを過剰摂取(1日40g以上)してしまうと、死亡に至る可能性があるそうですから、そのような人は、かなりの注意が必要です。

というより、そのような人は、医師と相談してからでないと、アルギニンのサプリなどを飲むことはやめておいた方がいいでしょうね。

いずれにしましても、アルギニンの過剰摂取はよくないので、サプリでアルギニンを摂取する場合は、説明書にある用量を守って、適量を摂ることが大切です。

という訳で、アルギニンの過剰摂取は、副作用を伴うことがあるということは、ご理解いただけたかと…。

それでは、次は「アルギニン」を多く含んだおすすめ食材をご紹介します。

アルギニンが多い食材一覧

Sponsored Link

アルギニンは、非常に多くの食材に含まれています。そのため、いくつもの食材をメニューに取り入れることで、より多くのアルギニンを摂取しやすくなります。

■ 肉類のアルギニン含有量ランキング
・第1位:豚ゼラチン
・第2位:鶏むね肉
・第3位:くじら
・第4位:鶏ひき肉
・第5位:七面鳥
・第6位:鶏肉
・第7位:牛ひき肉
・第8位:鶏もも
・第9位:豚ロース
・第10位:鶏ひき肉

■ 魚介類のアルギニン含有量ランキング
・第1位:かつお節
・第2位:しらす干し
・第3位:伊勢海老
・第4位:くるま海老
・第5位:すじこ
・第6位:しまエビ
・第7位:毛蟹
・第8位:シャコ
・第9位:クロマグロ
・第10位:はも

■ 大豆類のアルギニン含有量ランキング
・第1位:大豆たんぱく
・第2位:湯葉
・第3位:高野豆腐
・第4位:きなこ
・第5位:全粒大豆
・第6位:ラッカセイ
・第7位:大豆
・第8位:ごま
・第9位:そらまめ
・第10位:アーモンド

他には、玄米・白米・食パン・ピーナッツ・オートミールなど、様々な食材にアルギニンは含まれていますが、特に多く含まれているのが、上記で紹介した食材です。

アルギニンを多く含む食材については、お分かり頂けたかと思うのですが、果たして、アルギニンには、本当に身長を高くする効果があるのでしょうか。

次の項目では、意外な真実をご紹介します。

アルギニンの効果

アルギニンについて色々と調べてみたところ、信用できる機関の資料では、アルギニンと身長の関係性について述べられているモノは、全く見当たりませんでした。

個人が書いているであろうと思われるブログなどには、アルギニンに身長を伸ばす効果があるようなことが書かれてはいましたが…。

例えば、国立健康栄養研究所の資料では、循環器・呼吸器・消化系・肝臓などに関連するアルギニンの作用については、データが公開されています。しかし、発育・成長・骨・筋肉の項目には、アルギニンの効果について「調べた文献の中に見当たらない」と書かれているだけです。

要するに、アルギニンそのものについて、身長を伸ばす根拠となるデータは、現在のところないということです。

しかし、国立健康栄養研究所の資料には、「アルギニンには、成長ホルモンの分泌を促進させる作用がある」と書かれています。

ということは、アルギニンそのものには、身長アップ効果を期待できる根拠はないけれど、アルギニンには、成長ホルモンの分泌を促す効果はあるということです。

少し話が反れてしまいますが、生まれてから成長期が終わるまで、人間の身長は伸び続けます。それは、成長ホルモンが分泌しているおかげです。その証拠に、成長ホルモンの分泌が極端に少ない子供は、低身長症と呼ばれる病気になってしまいます。

逆にいえば、成長ホルモンの分泌を多くすれば、身長アップが期待できるということです。

ですから、アルギニンそのものに身長アップ効果がないとしても、成長ホルモンの分泌を促す効果があるのですから、間接的に身長を伸ばすことが期待できるという訳です。

ただし、身長が伸びるのは成長期までです。そのため、思春期が終わって背の伸びがストップしてからでは、いくらアルギニンを摂取しても、身長は伸びません。

という訳で、身長が低いことで悩んでいるのであれば、アルギニンを摂取する価値はあるということです。

アルギニンの特徴

アルギニンの特徴としては、動脈硬化・高血圧・腎臓の病気の改善をサポートします。

他には、成長ホルモンの分泌を促す効果がありますので、筋肉を増やしたいアスリートにも人気があります。あと、天然保湿成分として、化粧品やヘアケア商品などにも配合されています。

なお、アルギニンは、一酸化窒素やオルニチンの原料になりますので、非常に大切な成分と言えます。

A.一酸化窒素:血管の内皮細胞が作る血管拡張因子。
B.オルニチン:アンモニアを体内で尿素に変換・解毒する。

まとめ

今回は、アルギニンを多く含む食品や、アルギニンの身長を伸ばす効果について紹介させて頂きました。

それでお分かり頂けたかと思いますが、身長の低さに悩んでいるのであれば、アルギニン摂取は、身長を高くする効果を期待して良いということです。

ただ、アルギニンを摂取すれば、どれだけ身長が伸びるのか…という細かいデータは存在しません。

それは、同一人物で、アルギニンを飲んだ場合と飲まなかった場合を、比較することは出来ないからです。

しかし、成長ホルモンの分泌を促す効果があることは、国立健康栄養研究所も認めているのですから、アルギニンを多く含む食品を食べて、少しで身長アップできるようにしましょう。

Sponsored Link